読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただペダルを踏んでいこう

ゆっくりで良い、大切なのは止めないこと

Jリーグの鹿島対清水戦をIAIスタジアムまで観に行ってきた!

どうも!皆さん、僕です!

 

先週の土曜日に清水市にあるIAIスタジアムにて開催されたJリーグの鹿島対清水戦の試合を観戦して来ました。

f:id:keep-spinning:20170320205543j:plain

 

実は小学校の頃まで私はサッカーを習っておりまして、特に上手いわけでは無かったのですがサッカーが好きだったんですね。(もちろん今も好きですが)

 

そして出身が茨城県ということもあって、茨城のサッカーチームといえば僕にとっては鹿島アントラーズな訳です。もちろん鹿島アントラーズ以外にも、一つ下カテゴリーのリーグであるJ2には水戸ホーリーホックというチームもありますが、初めてプロの試合を見に行ったのが鹿島だったため、その小学生の頃からずっとファンでした。

 

中学生になって部活動が始まり、週末に部活動の試合や練習などの予定が入るようになるまでは、鹿島のホームである鹿島サッカースタジアムまで親と良く観戦に行っていました。それこそホームゲームはほぼ毎回行ってたほどです。

 

 

そんな大好きだったJリーグもここ数年はニュースやサッカー番組で結果をチェックする程度でしたが、昨年のチャンピオンシップで浦和を下し、久しぶりにJリーグチャンピオンになってからのクラブワールドカップであの世界有数のビッグクラブであるレアルマドリードをあと一歩のところまで追い詰めた活躍を見て、また鹿島の試合をスタジアムまで行って観戦したい!という気持ちになりました。

 

なのでJリーグの日程もチェックしていたところ、清水エスパルスとのアウェイゲームがちょうどあったので、これは行くしかない!!となり、観戦してきたのです。

 

今節の清水エスパルス静岡県清水市をホームタウンとしているチームであり、昨年までは先ほどの水戸と同じJ2でしたが、昇格して再びJ1に戻ってきたチームです。昨年こそJ2でしたが、Jリーグ発足当時からあった伝統あるチームであり、天皇杯などのタイトルも獲った経験のある強豪です。

 

そんな清水エスパルスのホームスタジアムであるIAIスタジアム(通称アイスタ)までは最寄り駅であるJR清水駅からシャトルバスが出ており、およそ20分ほどだったかと思います。ちなみに有料です、料金がいくらだったか忘れましたが汗

 

スタジアムに到着し、すぐ横には観戦の醍醐味であるスタジアムグルメを出すお店が多くあって非常に良い匂いをさせていました。そこでお昼ご飯と黄金に光る飲み物!を調達し、いざアウェイ側サポーター席へ。(電車とバスで来たからこそのメリットですね!)

f:id:keep-spinning:20170320211816j:plain

 

アウェイ側のゴール裏からの眺めはこんな感じ。ちなみにゴール裏のアウェイ側サポーター席は二階席しかありません。もちろん他の席でも観戦は出来ますが、基本的にはほぼ清水サポでしょうから声を出したり手をたたいての応援はしにくいです。僕はせっかく生での観戦ですし他の鹿島サポと一緒に応援したかったのでゴール裏にしました。

 

f:id:keep-spinning:20170320205545j:plain

 

 

スタンドへ続く階段からは富士山や駿河湾を望むことが出来ました。この写真を撮った時はまだ太陽からの日差しがあって暖かかったのですが、段々と曇ってきて試合が終了した頃は風も吹いていて肌寒かったです。

 

f:id:keep-spinning:20170320211803j:plain

 

試合はというと、後半30分近くまでは2-0のビハインドでしたが、そこから植田、鈴木、金崎が決めて見事2-3と逆転勝ちを収めることが出来ました!!正直2点目を取られた時点で今日はダメか…と諦めかけましたが、そこから鹿島イレブンを信じて応援し続けて良かった!久しぶりにスタジアムに来て、この逆転勝ちをした試合を見ることが出来たのは本当に良かったです!これこそフットボールですよ!

 

こんな試合を見せられたらまたスタジアムに行くしかないじゃないか!という事で今度は鹿島のホームである鹿島サッカースタジアムまで行こうかと思っております。静岡からは結構距離がありますが、東京駅からスタジアムまでシャトルバスが出ており、東京まで新幹線を使えば割と楽に行くことが出来るんです。

 

ということで翌日、日曜日にあった今季の鹿島レプリカユニホーム再販(一度予定数を完売したため、再度販売したのです)を販売開始時間直後に済ませ、到着を待ってる次第です笑

 

これで観戦スタイルは完璧だ!という事で次のホーム戦を心待ちにしつつ本日はこの辺で。

 

ではでは。